こんなにあったの!?メールでのデータのやり取りあれこれ

大容量のデータを送るには

最近ではIT化の進んだ企業も多く、メールなどでやり取りを行う機会も増えています。その際知っておきたいのが、次のようなやり取りを行う際のポイントです。まず挙げられるのが大容量のデータをメールで送る方法で、一般的には一定以上の容量のデータはメールで送ることが困難な場合があります。そんな時にはデータの圧縮や小分けにしておくることで、問題なく送れるようになります。ただしデータの抜けがないようにしっかりチェックしておく必要があります。

メールのセキュリティについて

場合によっては社内機密などをメールでやり取りを行うことがあり、その際のセキュリティに関して不安に思う人も少なくありません。ですが一般的なメールソフトを利用して送る場合、OSやセキュリティソフトによる監視などが行われており、万が一データの流出やウイルスなどが発生した場合にはしっかり対策を行ってくれます。ただし当然ながらセキュリティソフトなどの導入が必須となるため、導入していないのであれば、社内機密などはメールでやり取りを行わない方が無難です。

メールソフトについて考える

また大容量のデータを送る場合やセキュリティについて考えるなら、メールソフトに関しても考えておかねばなりません。基本的には使用しているOSに標準装備されているメールソフトを利用する場合がほとんどですが、中にはフリーソフトなどを利用している場合もあります。しかしフリーソフトはセキュリティ面やデータのやり取りに関して制限があるため、企業が利用するのであればフリーソフトを避けることが一般的です。上記のポイントをしっかり押さえ、メールでのやり取りを行うことをお勧めします。

添付ファイルの送信は、添付ファイルのサイズによっては非常に時間が掛かります。出来るだけ小さいサイズに圧縮する事が最適です。