太陽光発電と蓄電池があれば、非常時も安心

太陽光発電ってどんなもの?

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを受けて発電するもので、できた電気はそのまま家庭で使えるように変換されます。なにかを燃やしたりするわけではないので、大変クリーンで環境にやさしいエネルギーだといえます。夜間や天気の悪い時など、発電が思うようにできない時は、電力会社から供給されているものを通常どおり電気料金を払って使うことが可能です。逆に作った電気が余った時には、電力会社に買ってもらうことができます。

太陽光発電なら、停電時にも安心

太陽光発電のメリットの一つは、、エネルギー源が太陽なので原料費がかからないことです。しかも使ったからといって減るものではないので、無尽蔵にあるといえます。また、災害などで停電した時に電気を使えるということもあります。停電時には、手順に従ってパワーコンディショナーを自立運転モードに切り替え、自立運転コンセントに電気器具をつなげて使うことができます。しかし、使える量には上限があるので、家中の家電製品を使えるということではありません。

太陽光発電と蓄電池で、さらに安心

太陽光発電は蓄電池と組み合わせることによって、さらに有効に利用することができるようになります。電気が足りなくなった時には、まず蓄電池にたまっている電気が使われるので、電力会社から買わずにすむ場合がふえてきます。また、停電時には、自動で蓄電池から電気が供給されるので、パソコンの電源が落ちてしまうようなトラブルは避けることができます。電気が貯まっているので、使える電気の量も多く、より安心に過ごすことができるようになります。

フォーアールエナジー株式会社はリチウムイオン・バッテリーシステムにより、夜間に溜め込まれた電力を昼間効率よく使うことで、地球にも家計にも優しい蓄電池や充電器を扱う会社です。