レンタル倉庫が幅広い分野で使用されています

コレクターが利用し始めたレンタル倉庫

世の中には色々な趣味の方がいて、フィギュアやプラモデルなどのコレクターがいます。しかし、このような商品は10個以上も集めたら、置く場所に困ってしまうでしょう。そこで、多くのコレクターが利用し始めているのがレンタル倉庫です。東京エリアでは毎月にかかる料金が1.0畳では約10,500~12,000円で、2.0畳では約15,000~22,000円ぐらいで済むのです。コレクションする物が多くなっていけば、さらに広いレンタル倉庫を利用する事が出来るのが嬉しい所でしょう。

個人だけでなく、法人も利用しています

レンタル倉庫は1.0畳のようなコンパクトなサイズだけでなく、工場なみの広さをもった倉庫もあります。そのため利用者は個人だけでなく、法人も利用するようになってきました。法人の方が利用するようになった理由は、他のエリアにも物流拠点をおきたい場合に、新たに施設を建設したら莫大な費用がかかる所でしょう。もし新たな物流拠点となる施設を建設してから、業績が悪くなれば取り返しがつきません。そのため施設を建設しないでレンタル倉庫を利用する法人が増えてきたのです。もし業績が悪化すればレンタル倉庫の契約を解除すれば問題が無いからです。

震災に備えるために利用されています

日本は自然災害の多い国で、住宅が被災する時があります。このような時に備えて非常食や避難グッズなどを預ける方が増えてきました。その理由は自宅に非常食や避難グッズを置くスペースが無い方が多くて、レンタル倉庫を保存スペースとして活用しているのです。そのため、被災したあとでもレンタル倉庫に預けていた物を取り出して、早い段階で普段の生活を取り戻せるのです。ただし気を付けて欲しいのは、耐震性のあるレンタル倉庫を選んでおかなければ、地震の時に荷物が取り出せなくなるで気をつけましょう。

メーカーや生産者から商品やサービスをユーザー、消費者に届けるためのモノ、お金、情報の流れを物流と呼びます。その中でも一般的には、モノの流れに関する業務を意味します。