知らないと大変?派遣で秘書を雇う場合の注意点

目的に合った人材かどうかが重要

派遣で秘書を雇うと言っても、何をやってもらうかは大きく違う場合があります。たとえば電話の受付をメインにやってもらうのであれば、電話対応力が高い人でないといけません。取引先に連れていくのであれば、ビジネスマナーがしっかり身についていないと足手まといになることもあるでしょう。英語力が必要なので秘書を雇うというケースもあるはずです。目的に合わせて最適な人材であるかどうかが重要になるので、その点は気をつけておくべきでしょう。

セクハラやパワハラは絶対に禁止

どの派遣会社で秘書を雇うにしても、セクハラやパワハラは絶対に禁止です。これは、やってしまうと契約違反として契約を解除されてしまうだけではなく、最悪の場合には訴えられてしまうこともあります。痴漢と同じように犯罪行為なので、これだけは絶対にやめておきましょう。秘書は美しい女性が多いので、そうした気持ちになる人も多いですが、完全にビジネスパートナーとして割り切ることが重要になります。下手なことをすると派遣会社との関係も終わってしまいます。

契約の期間や報酬について熟知すること

派遣で秘書を雇うのはいいですが、どの程度の期間仕事をしてもらうかなど、詳細に検討をしておかなければなりません。無駄に秘書を雇うとそれだけで人件費が大幅にアップしてしまいます。人件費の高騰は経営状態を悪化させてしまう要素となるので、その点には注意です。計画的に秘書を使うようにするのがいいでしょう。そのためには、自分の仕事の仕方や、スケジュールの組み方なども精査していく必要があります。報酬もどの程度になりそうか、あらかじめ計算をしておくといいでしょう。

秘書の派遣とは、派遣社員として働く秘書のことを指していれ、企業側と条件が合えば派遣されることになります。